所蔵資料紹介

文部科学教育通信で紹介した所蔵資料

                                
発行日 執筆者 テーマ
394 2016/8/22 ダヴァン ディディエ 狂気の中心に立つ紅誠実
393 2016/8/8 ダヴァン ディディエ 禅僧の詠んでない歌を集めて『詩経』を作る
392 2016/7/25 青木睦 渋沢敬三日銀総裁・大蔵大臣時代のお土産
391 2016/7/11 青木睦 稀少な文書の付属物:虫
390 2016/6/27 落合博志 中世の人々の「歌う心」を伝える―『宗安小歌集』『隆達小歌集』―
389 2016/6/13 落合博志 『太平記』の最古写本―永和本『太平記・秋夜長物語』―
388 2016/5/30 海野圭介 古筆手鑑
387 2016/5/16 海野圭介 短冊手鑑「筆陳」
386 2016/4/25 恋田知子 同筆の奈良絵本―嫁入り道具としての物語絵―
385 2016/4/11 恋田知子 室町の“あそび”―『扇の草子』への招待―
384 2016/3/28 神作研一 歌合部類
383 2016/3/14 神作研一 勝川春章画『錦百人一首あづま織』
382 2016/2/22 大友一雄 大岡越前守日記を考える
381 2016/2/8 大友一雄 幕府老中を支える者たち
380 2016/1/25 加藤聖文 公文書と私文書の境目は?
379 2016/1/11 加藤聖文 公文書を管理することの難しさ−流転の愛知県庁文書絵
378 2015/12/28 小山順子 『三十六歌仙帖(中古三十六人歌合)』
377 2015/12/14 小山順子 『水無瀬釣殿当座六首歌合』−後鳥羽院と定家−
376 2015/11/23 山本和明 美味しい生活
375 2015/11/9 山本和明 古典籍を標本する
374 2015/10/26 山下則子 山東京伝の見立絵本(2)-『小紋雅話』-
373 2015/10/12 山下則子 山東京伝の見立絵本(1)-『手拭合』-
372 2015/9/28 小林健二 彩色やまと絵『狂言絵』
371 2015/9/14 小林健二 『長恨哥の抄』絵巻、二巻三軸
370 2015/8/24 齋藤真麻理 恵比寿、大黒、目をさませ−おめでたづくしの『大黒舞』−
369 2015/8/10 齋藤真麻理 謎をかける−江戸時代の『なぞの本』−
368 2015/7/27 相田満 災害と向き合う−『地震津波末代噺乃種』(ヤ3-161)−
367 2015/7/13 相田満 二番目に古い騎馬武者像−浮世絵師の描いた足利尊氏像『絵本武者備考』
366 2015/6/22 野網摩利子 一新された明治の表紙−木口木版とその時代−
365 2015/6/8 野網摩利子 生巧館木口木版−銅版かと見紛う作品群−
364 2015/5/25 青田寿美 書物を媒介とした知のネットワークへ−「吉岡家蔵書目録」と吉岡敦直蔵書印−
363 2015/5/11 青田寿美 資料を集積し、情報を読み解く−仮名垣魯文の啓蒙活動一斑−
362 2015/4/27 江戸英雄 門出の贈り物−『伊勢物語』の一伝本
361 2015/4/13 江戸英雄 『源氏物語』の枕詞といえば−『源氏物語玉の小櫛』初雁文庫本
360 2015/3/23 西村慎太郎 ある公家の姫君の一生
359 2015/3/9 西村慎太郎 甲州青柳村七兵衛の一生
358 2015/2/23 入口敦志 山鹿家文庫
357 2015/2/9 入口敦志 『画本虫撰』上下2冊
356 2015/1/26 古瀬蔵 アクセスされる様々な和古書画像
355 2015/1/12 古瀬蔵 公開データベースで見る和古書の絵
354 2014/12/22 大田尚宏 渡来象の宿泊記録
353 2014/12/8 太田尚宏 江戸城への「活鯛」輸送
352 2014/11/24 大洋司 秋里離島『摂津名所図会』−稿本・版本から分かる絵師交代の内側−
351 2014/11/10 大洋司 『浮世風呂』−出現した二〜四編の初印本−
350 2014/10/27 渡辺浩一 1847年善光寺大地震のかわら版
349 2014/10/13 渡辺浩一 江戸の洪水対策
348 2014/9/22 田中大士 春日懐紙−失われた裏面を求めて−
347 2014/9/8 田中大士 春日懐紙−変転を繰り返した紙の裏と表−
↑ ページの先頭へ